関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。
トップ > エラ・鼻・唇・アートメイク

エラ・鼻・唇・アートメイク

エラ

エラについて

エラが張っていると言う方の中に、筋肉(咬筋)肥大が原因になっている方がいます。
このような方は、ボトックスで筋肉の緊張をとりリラックスさせる治療が有効な場合があります。
ものをかむ筋肉は、咬筋のほか、内側翼突筋、側頭筋がはたらきますので、咬筋が弱くなっても日常生活に大きな影響はありません。
歯ぎしりが強くて、朝起きたとき頭痛がすると言う方は、ボトックスによる治療が有効な場合がみられます。

治療方法

ボトックス

骨格筋・表情筋であっても、すべて自分の意志で動かせるわけではありません。
自分の意志に反して動いてしまう、あるいは、動きすぎてしまうと言う場合、ボトックスの助けを借りれば、筋肉の緊張がゆるみ、自然な動きに戻すことができます。

鼻(隆鼻)について

鼻は、顔の中心にありますから、わずかな変化が顔全体の表情を変えてしまいます。
どのような、変化が、どのような変化を出すか、しっかり検討することが一番大切です。手術を予定する場合もありますし、微妙な変化には、ヒアルロン酸を使用します。

隆鼻術(鼻を高くするための方法)について

ヒアルロン酸

真皮の構成成分である、ヒアルロン酸が少なくなると、皮膚の水分が減少しハリがなくなってきます。
ヒアルロン酸の注入により、皮膚にハリとボリュームを与えることができます。
ヒアルロン酸は、鎖の長さなどで固さ、ボリューム感、吸収までの期間が変わってきます。気になる部分の状態に応じて、使い分けすることがポイントです。

唇について

ボリュームのある唇にしたい場合、ヒアルロン酸を使用します。
唇は口輪筋でできていますが、発生上いくつかの固まりで形作られています。
本来の形を生かすと、不自然にならず、存在感のある口唇にすることができます。
また、唇のシワは、ボリュームの減少以外に、余分な筋肉の動きによっても生じます。
余分なシワを減らすには、ボトックスで余分な筋肉の動きを弱めることが有効です。

唇の美容整形について

ヒアルロン酸

真皮の構成成分である、ヒアルロン酸が少なくなると、皮膚の水分が減少しハリがなくなってきます。
ヒアルロン酸の注入により、皮膚にハリとボリュームを与えることができます。
ヒアルロン酸は、鎖の長さなどで固さ、ボリューム感、吸収までの期間が変わってきます。気になる場所に応じて、使い分けすることがポイントです。

ボトックスについて

骨格筋・表情筋であっても、すべて自分の意志で動かせるわけではありません。
自分の意志に反して動いてしまう、あるいは、動きすぎてしまうと言う場合、ボトックスの助けを借りれば、筋肉の緊張がゆるみ、自然な動きに戻すことができます。

▲ページトップへ

Copyright(c) 2007 関谷クリニック南青山 All Rights Reserved