関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。
トップ > クマ

クマ

クマについて

さまざまな状態をクマという言葉で表現されています。
メラニン色素が多い場合。
眼窩脂肪が張り出して、目袋が出っ張っている場合。
目の下の骨が凹んでいたり、脂肪が下がってしまうため、影になっている場合。
皮下の血行が悪く、うっ血している場合。それぞれ対応法が異なります。
うっ血を少なくするビタミンKアイクリーム、炎症を抑えるトランサミン、メラニン合成を抑えるハイドロキノンなどの外用薬を用いる場合もありますし、張り出した脂肪を手術で処理、切除する場合もあります。
目の下の骨の部分が凹んでいる場合は、ヒアルロン酸を使用し、陥凹を改善する場合もあります。

治療方法

ヒアルロン酸

真皮の構成成分である、ヒアルロン酸が少なくなると、皮膚の水分が減少しハリがなくなってきます。
ヒアルロン酸の注入により、皮膚にハリとボリュームを与えることができます。
ヒアルロン酸は、鎖の長さなどで固さ、ボリューム感、吸収までの期間が変わってきます。気になる部分の状態に応じて、使い分けすることがポイントです。

▲ページトップへ

Copyright(c) 2007 関谷クリニック南青山 All Rights Reserved