関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。
トップ > タルミ

タルミ

年齢とともに、骨が小さくなり、筋肉がやせて、伸びてしまい、脂肪もやせていきます。
体重が増えても、おなかには付くけど、顔には付かなくなるのです。皮膚もやせて、薄くなり、ハリをなくして伸びてしましまう。 こうして、顔全体としてボリュームが減るのに、表面積は大きくなり、結果として皮膚が余ってしまったのが、タルミの本体と考えられます。

関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。 関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。 関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。 関谷クリニック南青山は、青山,表参道周辺にある美容外科です。

目の上のタルミ

目の上のタルミについて

人は1分間に20〜30回、まばたきをすると言われます。
年月とともに、上まぶたの皮膚が伸び、二重のラインが被さるようになり、やがてまつげにかかるようになってしまいます。
眼が小さくなるとともに、腫れぼったい、重苦しい印象を与えてしまします。
タルミが少量であれば、埋没法で二重の線を上げることができます。
皮膚が多く、重苦しい印象がある場合は、切開法により、すっきりさせることも可能です。

目の上のタルミ治療方法

埋没法

1分間に20回〜30回、1年でおよそ1千万回、まばたきをすると言われています。
こうして10年、20年と徐々に皮膚は引っ張られ、伸びてきます。眼瞼の皮膚も同じように伸びてきて、やがてまつげを乗りこえ、視界に入るようになります。
余分な皮膚を切り取るのも一つの方法ですが、二重のラインを少し上げてあげるだけで対応できる場合もあります。
埋没法は、二重の折り返しの位置を細いナイロでちょうどしつけ糸のように持ち上げる方法です。
手術時間が短い、傷跡がほとんど見えないなどの利点があります。

切開法

一分間に20回〜30回、1年でおよそ1千万回、まばたきをすると言われています。
こうして10年、20年と徐々に皮膚は引っ張られ、伸びてきます。
眼瞼の皮膚も同じように伸びてきて、やがてまつげを乗りこえ、視界に入るようになります。
額に横シワを作りながら眉毛を一所懸命上げて、何とか視界を確保するのですが、非常に大変です。
余った皮膚を、切除してあげるのは、非常に理にかなった方法です。

皮膚のタルミ

皮膚のタルミについて

薄くなって伸びやすくなり、ハリを失った肌をよみがえらすには、皮膚の中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの線維を増やすことが大切です。タイタン、ジェネシス などの 光治療器を用いて、皮膚の質感を改善し、ゆるみをしめる治療をします。

皮膚のタルミ治療方法

タイタン

真皮に多い水への吸収を考慮して赤外線の光から最適な波長帯を選び出して照射する機械です。
真皮に熱を集中させることにより、線維芽細胞の活動を促し、加齢とともに減少する、真皮中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増加させ、皮膚に厚みと復元力、ハリを蘇らせます。
痛みがほとんどないので、4〜6ヶ月ごとの施術も、負担なく受けて頂くことが可能です。

ジェネシス

ヘモグロビンに吸収されやすい近赤外線のレーザーです。
真皮の浅い層に多い毛細血管付近に熱を集中させることで、皮膚表面付近のハリが出てきます。目元や首など皮膚の薄い部分には、特に有効です。

目の下のタルミ

目の下のタルミについて

目のまわりの眼輪筋という筋肉がゆるみ 目の周りの脂肪があふれ出し、袋状になってきます。
皮膚が緩んでいる場合は、乾燥を防ぐようしっかりアイクリームを使います。
YAGレーザー(ジェネシス)もハリが出てきますので有効です。
目袋の下が凹んでいるタイプには、ヒアルロン酸・コラーゲンにより改善する場合も、多数あります。最後に眼輪筋が緩んでいる場合は、手術により筋肉を引き締めていきます。

目の下のタルミ治療方法

ビタミンKアイクリーム

ビタミンKは、血管のダメージの修復を助ける働きがあり、アイクリームとして使用すると、目元のむくみが解消されます。
また、乾燥による小じジワにも効果があります。

ジェネシス

ヘモグロビンに吸収されやすい近赤外線のレーザーです。
真皮の浅い層に多い毛細血管付近に熱を集中させることで、皮膚表面付近のハリが出てきます。目元や首など皮膚の薄い部分には、特に有効です。

ヒアルロン酸

真皮の構成成分である、ヒアルロン酸が少なくなると、皮膚の水分が減少しハリがなくなってきます。
ヒアルロン酸の注入により、皮膚にハリとボリュームを与えることができます。
ヒアルロン酸は、鎖の長さなどで固さ、ボリューム感、吸収までの期間が変わってきます。
気になる場所に応じて、使い分けすることがポイントです。

コラーゲン

真皮を構成する成分で最も量が多いのがタンパク質であるコラーゲンです。
自分自身でもコラーゲンは作りだしては壊すという作業を続けているのですが、年齢とともに、コラーゲンを作る量が減少していき、皮膚に厚みがなくなってきます。
そこで外からコラーゲンを注入し、皮膚に厚みと弾力性を回復させシワを少なくさせる治療が行われています。
初期は、ウシのコラーゲンを使用していましたが、現在は、ヒトのコラーゲン、ブタのコラーゲンを材料とする場合が一般的になってきました。

口元のタルミ

口元のタルミについて

口元横の脂肪が緩んで落ちてきます。また、口元から下の皮膚が徐々に痩せて厚みがなくなってきます。
そのため、落ちてくる脂肪を支えきれず、マリオネットラインと呼ばれるタルミが目立ってきます。
皮膚の厚みを増してしっかりと支えられるように、タイタン・ジェネシスなど赤外線を使った治療を行います。
コラーゲンを注入し、皮膚にはりを出させる方法ですと、より即効性があります。
スレッドリフトなどの糸で脂肪を支える方法も即効性があります。

口元のタルミ治療方法

タイタン

真皮に多い水への吸収を考慮して赤外線の光から最適な波長帯を選び出して照射する機械です。
真皮に熱を集中させることにより、線維芽細胞の活動を促し、加齢とともに減少する、真皮中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増加させ、皮膚に厚みと復元力、ハリを蘇らせます。
痛みがほとんどないので、4〜6ヶ月ごとの施術も、負担なく受けて頂くことが可能です。

ジェネシス

ヘモグロビンに吸収されやすい近赤外線のレーザーです。
真皮の浅い層に多い毛細血管付近に熱を集中させることで、皮膚表面付近のハリが出てきます。目元や首など皮膚の薄い部分には、特に有効です。

コラーゲン

真皮を構成する成分で最も量が多いのがタンパク質であるコラーゲンです。
自分自身でもコラーゲンは作りだしては壊すという作業を続けているのですが、年齢とともに、コラーゲンを作る量が減少していき、皮膚に厚みがなくなってきます。
そこで外からコラーゲンを注入し、皮膚に厚みと弾力性を回復させシワを少なくさせる治療が行われています。
初期は、ウシのコラーゲンを使用していましたが、現在は、ヒトのコラーゲン、ブタのコラーゲンを材料とする場合が一般的になってきました。

スレッドリフト

ケバケバの付いた糸で、落ちてきた、脂肪を直接引き上げます。
皮膚には、針穴だけなので、あまり目立たずに、落ちてきた脂肪だけ引き上げることが可能になりました。

脂肪融解注射

脂肪細胞の細胞膜を不安定にし、脂肪細胞を破壊し、部分やせを実現させます。
フォスファジルコリンという薬品を、気になる部分に注射します。数回繰り返すことにより希望のシルエットに近づけることができます。

あごのタルミ

あごのタルミについて

あごの中央から3cmほど外側に、ぽっこりとしたふくらみが出てきます。
Jowlと呼ばれるふくらみです。このふくらみが出てくると、あごのラインがすっきりしなくなります。
こうした、あごのラインの乱れには、いくつかの原因があります。脂肪をささえる靱帯が緩んで垂れ下がってくる。
下あごの骨が痩せてきて、凹んでくる。
皮膚が痩せてきて、境目がはっきりしてくる。
こうした原因がすべてかぶってきます。
皮膚の厚みを増してしっかりと支えられるように、タイタン・ジェネシスなど赤外線を使った治療を行います。
コラーゲンを注入し、皮膚にはりを出させるのも効果があります。
また、骨が凹んでいる部分はヒアルロン酸を用いることもできます。脂肪をスレッドリフトなどで持ち上げたり、脂肪融解注射をつかって、減らしていく方法もあります。

あごのタルミ治療方法

タイタン

真皮に多い水への吸収を考慮して赤外線の光から最適な波長帯を選び出して照射する機械です。
真皮に熱を集中させることにより、線維芽細胞の活動を促し、加齢とともに減少する、真皮中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増加させ、皮膚に厚みと復元力、ハリを蘇らせます。
痛みがほとんどないので、4〜6ヶ月ごとの施術も、負担なく受けて頂くことが可能です。

ジェネシス

ヘモグロビンに吸収されやすい近赤外線のレーザーです。
真皮の浅い層に多い毛細血管付近に熱を集中させることで、皮膚表面付近のハリが出てきます。目元や首など皮膚の薄い部分には、特に有効です。

コラーゲン

真皮を構成する成分で最も量が多いのがタンパク質であるコラーゲンです。
自分自身でもコラーゲンは作りだしては壊すという作業を続けているのですが、年齢とともに、コラーゲンを作る量が減少していき、皮膚に厚みがなくなってきます。
そこで外からコラーゲンを注入し、皮膚に厚みと弾力性を回復させシワを少なくさせる治療が行われています。
初期は、ウシのコラーゲンを使用していましたが、現在は、ヒトのコラーゲン、ブタのコラーゲンを材料とする場合が一般的になってきました。

スレッドリフト

ケバケバの付いた糸で、落ちてきた、脂肪を直接引き上げます。
皮膚には、針穴だけなので、あまり目立たずに、落ちてきた脂肪だけ引き上げることが可能になりました。

脂肪融解注射

脂肪細胞の細胞膜を不安定にし、脂肪細胞を破壊し、部分やせを実現させます。
フォスファジルコリンという薬品を、気になる部分に注射します。数回繰り返すことにより希望のシルエットに近づけることができます。

▲ページトップへ

Copyright(c) 2007 関谷クリニック南青山 All Rights Reserved